Project

General

Profile

アイデアが実現するまで

提案段階

  • ブレインストーミング - Wikipedia
    アイデア段階・提案段階の議論を行う際はここに書かれた「ブレインストーミングの4原則」に基づいた話し合いが望ましい。
否定意見を述べる際の注意事項

否定意見も大切だが、賛成意見に比べて無用な討論やトラブルに発展しやすいことは頭に入れておく必要がある。
アイデアを提案する立場の人は感じたことがあると思うが、頭ごなしに否定だけされるのは良い気はしないものである。
よって、否定意見を述べる際は以下のポイントを抑えてほしい。

  • 否定意見に至った根拠や理由を明確に述べる
  • 否定意見と一緒に「改善提案」も述べる

検証段階

出たアイデアに関しては以下の項目の観点から評価を行うと、より現実味が増す。
  1. 具体性
    何をどうすればよいかが明確か
  2. 実現性
    整地鯖の既存リソース、もしくは新規リソースの開拓により実現出来そうか
  3. 納得性
    大多数のプレイヤー、または整地鯖にとって本当に大切にするべきプレイヤーにとって、または運営チームやOwnerにとって、納得がいくものか
  4. 容易性
    かんたんそう?むずかしそう?
  5. 将来性
    将来にとってプラス?マイナス?この時、すぐ先の事だけではなく、長期的な将来性も考えることが大事。

実行段階

アイデアに100%忠実である必要はない。例えば、納得性において劣るが、将来性は抜群な案なら、段階的かつ部分的に案を実行していくのも手段の一つである。また、アイデアの実行毎に影響や効果を確認し、それに応じた修正や改善を行うことで、本来思い描いたアイデア通りではないがとても良い結果を生むこともあり、これは大いに歓迎されるべきである。